Welcome to Okita Lab.

Research into Artifacts, Center for Engineering


本研究室では、原子力プラント・船舶・橋梁等の人工物システムを対象とし、検査・モニタリングで得られた構造材料の状態を入力データとする数値シミュレーションにより、計算機上の仮想空間で人工物システムを実現する「人工物デジタルツイン」構築を目指したた研究を行っております、人工物デジタルツインの構築により、人工物の開発から実用化までに多くの物質や時間の消費を必要とせず、大幅に低コスト化・高効率を達成する人工物システムの創出が可能となります。これは、産業にとって望むべき大きな価値であります。また、自然災害など想定外事象の多様な影響をデジタルツイン上で事前に共有することで、人工物のライフサイクルを通じたリスクと便益を認識することが可能となり、社会全体の合意を形成できる安全安心が統合された社会の実現につながります。